【最後の恋】「彼女に一切の財産を贈らないなら、結婚を許可する」老いらくの恋に親族の対応は冷たく……

取材・文/沢木文

仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

【前編はこちら

* * *

大山尚次さん(仮名・60歳)は結婚している30年間、“来るもの拒まず去るもの追わず”という考え方で、浮気を楽しんでいた。しかし、妻が乳がんであっという間に亡くなってしまってから、仕事も恋愛も、全くやる気が起きなくなった。

「結婚している男がモテるのは、女房がいるからなんだよね。まず、着るものほか身につけるものなど、女房が身の回りをキレイにしてくれる。あとは、女房が家を守っていてくれるから、多少ハメを外すこともできるんじゃないかな。独身で女性と恋愛している男なんて、港がない船のようなものだ。俺が稼いだ金で買った家で一緒に暮らして、女房と一緒に庭の世話をして、互いにいい人生を過ごしている。その“自信”は大きいよ。でも男って勝手だから、キレイな女性が来ると、フラフラッとそっちに行っちゃう」

奥様が亡くなってから1年間、全く、そんな気持ちが起きなかったという。

「独身になって見事にモテなくなったからね。それに、こっちの気分も重くなった。独身になったのだから、相手の女性に責任を持たねばならない。結婚している方が浮気できるというのは、遊ぶだけでいいからなんだよ。向こうも俺を略奪して結婚して……なんて考えていないんだから」

それまで関係があった女性も、大山さんと目に見えて距離を置き始めた。

「SNSでブロックされた時は、寂しかったな。まあ、お互いに浮気相手だからね。俺の浮気はワンナイトだからさ。“高いワインとメシをオゴって、ホテルの部屋で会って、バイバイ”というのが流れ。また会いたいとかそういう気持ちはない。でも、女房が死んでから変わった。ささいなことを伝える相手がいないってすごく寂しいものだって。その“欠損感”で、生きているんだか、死んでいるんだかよくわからない生活だったよ。かろうじて会社に行っていたけれど、あのときは、不潔極まりないオヤジだった」

このままでは人生が終わってしまうと、大山さんが立ち上がったのは、鏡に映った自分を見てから。そこには禿げ上がったおでこと白髪、深いしわと青黒い顔色の汚いオヤジが映っていた。奥様の死後、23区内の自宅に、86歳の母親が家事の手伝いに来たときに「あんた、あたしと同じ年になるまであと26年は生きるんだよ。若いのにジジむさくて、おおイヤだ」と言われた。

「60歳って、老人ではないんですよね。まだ生きなくてはならない。それで、まずは歯の治療を徹底的にした。女房の死後1年、不摂生を続けて、虫歯と歯槽膿漏が悪化して壊滅的になってしまったのを、インプラントと入れ歯でキレイに整えた。歯がよくなると、食事が旨くなる。会食を積極的に入れて、外で食事をするようにした。それから、中高年向けの結婚相談所に登録して、“妻向き”の女性を紹介してもらうことにした」

「せっかくだから若い妻を」と希望した大山さんは、30~40代の女性を紹介される。しかし、その多くは金目当てだったという。

「それでもいいと思ったけれど、あからさまに金のことばかり聞かれてうんざりしてしまい、退会しました。年収や資産総額を聞かれるのはいいけれど、女房の保険金の額と使い道、息子への遺産配分なんかも聞かれたんだよね。まあ60歳の男の後妻に入るってことは介護要員になると考えられたかもしれない。とはいえ、あからさまに言われるといい気分ではないよね」

そんなとき、不動産投資などの資産運用の勉強会の後の、ワイン会で今の恋人と知り合う。大山さんがホレてしまったという。

「彼女はワインの輸入をする会社を持っていて、資産家のワインコレクションの手伝いをしている。ほっそりしていて華やかで美しい人だよ。数年前から面識だけはあったけれど、そんなに話をしていたわけではなかった。それに、彼女にはご主人がおり、恋愛対象ではなかった。しかし、そのときは、どんな風向きか、向うから話しかけてきて、ほぼ同じ時期に彼女のご主人が亡くなっていることがわかった。そして、いろんな話をするうちに、2人で食事をすることになったんだよね」

大山さんと彼女は、都心の外資系ホテルのレストランで食事をし、そのまま部屋に泊ってしまった。「離れがたかった」というのがその理由。

「恥ずかしい話、最初は全くできなかった。でも、彼女は50代後半だから、そういうこともわかってくれていた。しかも、男心を傷つけないんだよね。経験豊富なんだろうけれど、そういうことは微塵も出さない。彼女と私には共通点が多い。郊外の中流家庭に育ち自分の才覚ではい上がって来たという環境、モノの考え方、全てが似ていたので、3回目のデートでプロポーズしてしまった」

しかし、この結婚に横槍を入れたのは、息子とその妻だった。

「息子はボーっとしているから、何とも思ってないんだろうけれど、嫁さんがすごかったね。弁護士の友達を連れてきて、息子に入れ知恵して、“彼女に一切の財産を贈らないなら、結婚を許可する”と言ってくれと。息子の嫁はニコニコしながら家に遊びに来て、女房が買った現代アート作品を物色しては、息子の口を介して“譲ってくれ”と伝えて来る。息子に“俺たちに財産を譲ると遺言書を書いてくれ”と言われた時は驚いたよ」

しかし、大山さんは波風を立てたくなかった。それに、彼女がそれに反論したら、財産目当てだと判断し、付き合い方を変えようと思ったという。

「それとなく彼女に伝えたら、“いいわよ、一筆書くわよ”と。聞けば彼女のほうにも少なからぬ資産があった。入籍するといろんな問題がおこるから、一緒に住むだけにした。友達だけで軽く結婚式をしてね、還暦再婚って笑われたけれどたのしかった。生活が落ち着いてから、女房が亡くなってから荒れ果てた庭を彼女と手入れをした。でもいいのは“同じ家に帰る相手がいる”ことだよね。近所で散歩しても、旅行に行っても同じ方向に歩いていく相手がいることが、どれだけありがたいか。もちろん、肉体的にも自信がついてそちらも満足しているよ」

取材・文/沢木文
1976年東京都足立区生まれ。大学在学中よりファッション雑誌の編集に携わる。恋愛、結婚、出産などをテーマとした記事を担当。著書に『貧困女子のリアル』『不倫女子のリアル』(小学館新書)がある。

Source: サライ.jp|小学館の雑誌『サライ』公式サイト
【最後の恋】「彼女に一切の財産を贈らないなら、結婚を許可する」老いらくの恋に親族の対応は冷たく……