マンネリ気味な人ほどワクワクできる大人の「初体験!」とは?

大好きなデニムに身を委ねる。そりゃそうだ、居心地がいいもの。それに年を重ねると挑戦心も薄れ、無難でそつがない着こなしに落ち着く。

昔はあれほど試したデニムも、いつしかはき慣れたものばかりを買い足す日々に。でも、それでいいの? そこにあの頃のようなワクワクはあるか?

この年にして「初体験!」と言える、刺激的な出会いがここに。オッサンよ、デニムで冒険せよ!

 

不規則なバータックが生むリズミカルな輪郭

デニム4万4000円/F.I.L. TOKYO 03-5725-9568、ジャケット3万3000円/キャプテン サンシャイン 03-5793-8588、靴5万5000円/フリーマンズ スポーティング クラブ×ランコート アンド コー(フリーマンズ スポーティング クラブ ギンザ シックス 03-6263-9924)

大きく作ったパンツのウエスト、脇、前裾にタックをかんぬき(バータック)でつまむことにより、立体的なシルエットに仕上げた非常に珍しいデザインのワイドデニム。前裾に取ったタックによる生地の溜まりが程良いアクセントになり、靴との不思議なバランスを生み出す。デニムのマンネリ化を打破する、これ以上ない1本。

 

長い着丈と短い袖、という巧妙な計算

デニムシャツ5万9000円[参考価格]/ステディ スタディ 03-5469-7110、カットソー7000円/パターソン(アダム エ ロペ 0120-298-133)、パンツ3万5000円/アクネ ストゥディオズ(アクネ ストゥディオズ アオヤマ 03-6418-9923)、靴4万9000円/トリッカーズ(ビームス ハウス 丸の内 03-5220-8686)

天然石を使用したジュエリーで人気のトムウッドは、デニムにもこだわり、すべての工程をイタリアで仕上げるという。なかでも注目すべき定番デニムシャツを今季はロング丈でリリース。ドロップショルダーやヘムの独特なカット、後ろ身頃が長めのシルエットは、秋口にサラッと羽織るのに最適だ。

 

クセになるケミカルウォッシュな佇まい

デニムジャケット4万8000円/ディガウェル 2 03-6452-3220、スウェットシャツ2万4000円/ジャクソン マティス フォー ロンハーマン(ロンハーマン 03-3402-6839)、パンツ1万3000円/グラミチ フォー アダム エ ロペ(アダム エ ロペ 0120-298-133)、スニーカー9990円/アディダス オリジナルス(アディダスグループ 0570-033-033)、キャップ1万2000円/サウス2 ウエスト8 011-280-7577

ベースはワークコート。ムラのあるブリーチ加工を施し、懐かしのケミカルウォッシュ風な色落ちに。水牛ボタンまでブリーチすることで透明度をアップ、柔らかい印象を獲得。今改めてこの佇まいが気になってくる!

 

膝で切り替わるユニークなシルエット

デニム4万9000円/サカイ 03-6418-5977、ニット2万8000円/ノンネイティブ(ベンダー 03-6452-3072)、Tシャツ3万7000円/ビズビム(F.I.L. TOKYO 03-5725-9568)、スニーカー1万2000円/アディダス オリジナルス(アディダスグループ 0570-033-033)、手に持ったサングラス4万4000円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ 03-3409-7285)

膝の切り替えで独特なテーパードシルエットを描くデニムのモチーフはモトクロスパンツ。加えて裾はジップ仕様で、気分や靴のボリュームで自在に調整可能。はき込んで色落ちしたようなデニムと共地のベルトは、垂らせばストリートなアクセントに。

 

秋色が変えるベーシックコーデ

デニム5万4000円/アレキサンダー ワン 03-6418-5174、ジャケット33万円、Tシャツ3万3000円/ともにビズビム(F.I.L. TOKYO 03-5725-9568)、ブーツ3万7000円/サウス2 ウエスト8×スイコック(サウス2 ウエスト8 011-280-7577)

秋の陽射し、紅葉する木々にもマッチするバーガンディーのコットンデニム。赤みが強すぎると悪目立ちしがちだが、落ち着いたトーンなら、ブラウンやベージュとも好相性。いつものデニムの色を変える、そんな気分転換のような気持ちで気軽にトライしたい。緩やかなテーパードシルエットで、脚をすっきり&きれいに見せてくれる。

 

パッカリングが見せる豊かな表情

デニム4万4000円/カラー 03-6427-6226、シャツ4万8000円/アトリエ&リペアーズ(オー! ショールーム 03-5774-1408)、パーカ5万7000円/ビズビム(F.I.L. TOKYO 03-5725-9568)、スニーカー9500円/ヴァンズ(ビリーズ エンター 渋谷店 03-5466-2432)、手に持ったキャップ4900円/ヘリーハンセン(ヘリーハンセン 原宿店 03-6418-9669)

ウォッシュ加工による生地の縮みを計算し、サイドに立体的な歪みとシワを生み出したパッカリングパンツは、ブランドの代名詞的存在だ。不動の人気を誇るワイドシルエットをデニムの素材で、今季は伸縮性を持たせてオッサンにもはきやすくアップデート。

 

谷田政史(CaNN)=写真 菊池陽之介=スタイリング TAKAI=ヘアメイク
Source: 37.5歳からのファッション&ライフスタイルマガジン|OCEANS
マンネリ気味な人ほどワクワクできる大人の「初体験!」とは?