妻の親と仲良くやってる? 夫婦がお互いイライラしている「人付き合い」問題

「隣のオッサンは青いか?」Vol.25
酸いも甘いもかみ分けて、世の中のおおよそのことがわかった年代。けど、いまだにわからないのが、人の心。家族や友人に同僚、あるいは自分の心だって、イマイチ理解できないことは多々あるのだから難しい。そこで、世間に秘めたる胸の内を問う! タテマエはさておき、実際どう考えてます?

「隣のオッサンは青いか?」を最初から読む

結婚すると当人同士だけでなく、相手の家族や親族、近所の人やパパ友、ママ友など、いろいろな付き合いが発生するもの。自分なりにやれることはやっているつもりだが、もしかしたらパートナーからは「もう少し頑張ってほしい」と思われているコミュニケーションもあるのかもしれない。

そこで、結婚5年目以上で、子供のいる30〜40代の既婚男女各100人(計200人)を対象に、「パートナーに『もっと頑張ってほしい』と不満を持っている人付き合い」について、アンケート調査を実施した(協力:アイリサーチ)。

夫は妻の「家族付き合い」に、妻は夫の「近隣付き合い」に不満を持っている!

■パートナーに「もっと頑張ってほしい」と思っている人付き合いは?
(複数回答)

【男性】
・自分の両親との交流 14.0%
・自分の親族との交流 4.0%
・自宅の隣近所との交流 0.0%
・自宅のある地域の人との交流 2.0%
・パパ友、ママ友との交流 1.0%
・とくに不満はない 83.0%

【女性】
・自分の両親との交流 22.0%
・自分の親族との交流 9.0%
・自宅の隣近所との交流 10.0%
・自宅のある地域の人との交流 11.0%
・パパ友、ママ友との交流 15.0%
・とくに不満はない 69.0%

夫は8割以上が、妻に対して「とくに不満がはない」と回答。ただし、妻と「自分の両親との交流」については「もう少し頑張ってほしい」と感じている夫は一定数いる様子。

対する妻は、約2割が夫と「自分の両親との交流」について一家言ある模様。さらに「隣近所との交流」「自宅のある地域の人との交流」などのご近所付き合い、「パパ友、ママ友との交流」に対してもなんらかの不満を抱えているようだ。

[nextpage title=”妻が夫に求めていることは?”]

積極的な会話にファッション…… 妻が夫に求めていることは?

では、パートナーの人付き合いに不満を持っている人たちは、具体的にどんな点が不満なのだろうか。理由についても尋ねてみると、以下のようなコメントが寄せられた。

【自分の両親との交流】

■男性
「私の母とウマが合わないのか、なかなか実家に行きたがらない」(男性、48歳)
「母親を毛嫌いし、子供たちを近づけない。妻の両親には実家に帰ってよく会わせる」(男性、47歳)
「交流頻度が少ない。余計な一言がある」(男性、40歳)

■女性
「私の実家にいるとき、夫から私の両親に話そうともしない。私は夫の両親に気をつかって自分から積極的に話そうとしているので、そのようにしてほしいのが理想です」(女性、45歳)
「私の両親を馬鹿にしていて、困ったときだけ野菜などをもらったりしています」(女性、46歳)
「かなり子供の面倒を見てもらったが、ありがたみを感じてない」(女性、49歳)

 

【自分の親族との交流】

■男性
「関わりがなさすぎ」(男性、43歳)

■女性
「せめて自分の親戚関係は丸投げしないでほしい」(女性、44歳)

夫からは妻の「自分の親との付き合い」、また「親戚との付き合い」について、「交流する頻度を増やしてほしい」という人が多数。とくに「嫁・姑」との関係について、思い悩んでいる男性は少なくなさそうだ。対する妻は、親や親族との付き合い方に対して、夫に積極的で自主的なコミュニケーションを求めるコメントが目立つ。

一方、「近所付き合い」や「パパ友・ママ友との付き合い」については、妻側から以下のような意見が集まった。

【自宅の隣近所との交流】
「まったく近所の人と交流したり、町内のイベントに参加しないので」(女性、35歳)

【自宅のある地域の人との交流】
「近所の人と気まずくなられると、子供たちも暮らしにくくなるので」(女性、44歳)

【パパ友、ママ友との交流】
「基本、自分から話しかけないので、交流がない」(女性、45歳)
「父親同士の交流会などに参加し、子育てに協力的な方の様子を知ってほしいし、その意識を高めてほしい」(女性、46歳)
「行事に参加しても、会話せずにぼーっとしていることが多いので、他のパパさんたちと話してもらいたい」(女性、45歳)
「学校行事などで不愛想な態度をとってほしくない。もう少しおしゃれな服を着ていってほしい」(女性、45歳)

会話にとどまらず「態度」や「ファッション」も改善してほしい――。妻たちが内心抱くリクエストは少なくなさそうだ。

対して、一家の大黒柱として、会社や仕事関連の付き合いに奔走し、近所や子供関係の付き合いまでは気が回らない……そんな夫のホンネも聞こえてきそうだが、面倒でも家族みんなが気持ちよく暮らすためには、仕事以外の“人付き合い”も必要不可欠。そう考えれば、「ちょっと頑張ってみようか」と思えるかも?

フジアマネ=文
Source: 37.5歳からのファッション&ライフスタイルマガジン|OCEANS
妻の親と仲良くやってる? 夫婦がお互いイライラしている「人付き合い」問題