絶滅危機のゾウを救う!「ハンティング・ワールド」から限定チャリティーバッグが登場。

https://voguegirl.jp/wp-content/uploads/2018/10/main-15.jpg

ブランドロゴにゾウのモチーフを掲げ、設立以来野生動物や自然環境の保護を訴え続けている「HUNTING WORLD(ハンティング・ワールド)」より、2018年10月12日(金)から数量限定のチャリティーバッグが登場。売り上げの1%が、ボルネオ島の生物多様性保全活動に役立てられる。

「自然との共生」という理念のもと、ボルネオ保全トラスト(BCT)がすすめるボルネオ島の生物多様性保全活動の支援を行っている「ハンティング・ワールド」。チャリティーグッズの売上げの1%がボルネオ保全トラストジャパン(BCTJ)を通じて提供され、プランテーションに迷い込んだゾウの救出のための費用や野生動物の移動ルートを確保するプロジェクト「緑の回廊計画」といった、現地での活動支援に役立てられている。

今回登場するチャリティバッグには、アーカイブから復刻した親子のアフリカゾウをデザイン。2018年10月28日(日)に国立科学博物館日本館講堂にて開催される『世界の像を考えるシンポジウム』を記念してお目見えする。この売り上げの1%もまた、BCTJを通じてボルネオの生物多様性保全活動に充てられる。

Source: VOGUE GIRL
絶滅危機のゾウを救う!「ハンティング・ワールド」から限定チャリティーバッグが登場。