阿波しじら織のスリッパ|柔らかく足が包まれるような至福の室内履き

阿波しじら織の木の葉柄2ウェイバブーシュスリッパ

柔らかく足が包まれるような履き心地で、スリッパ特有のパタパタと鳴る音もしない。

「バブーシュ」とは、アフリカ・モロッコの伝統的な履物の名である。かかとを踏んで履くことが多く、脱ぎ履きが楽にできる。

そのバブーシュをお手本に、サライ・オリジナルの室内履きを作った。かかとを踏んだだけでは、ただのスリッパと変わりがないが、この品は履いているうちに自身の足の形に馴染み、フィット感が高まってくる。屋内で作業をするときなどは、かかと部分を上げると、足がつつまれて動きやすくなる。

表地には、伝統工芸の阿波しじら織(徳島県)を使い、徳島のスリッパメーカーが製作した。

阿波しじら織の木の葉柄2ウェイバブーシュスリッパ

部屋の掃除などの作業時にかかとを包むと、軽快に動ける。

【今日の逸品】
阿波しじら織の木の葉柄2ウェイバブーシュスリッパ

『サライ』×佐藤化学(日本)
3,672円(消費税8%込み)

Source: サライ.jp|小学館の雑誌『サライ』公式サイト
阿波しじら織のスリッパ|柔らかく足が包まれるような至福の室内履き