アメリカでは常識!? グルメバーガーとクラフトビールのペアリングを日本でも。

ここ日本では、人気チェーン店の影響もあり“ハンバーガーにはソフトドリンク”というのが主流です。けれどハンバーガーの母国であるアメリカでは、特にグルメバーガーの場合はビールを合わせるのが当たり前。フレンチには赤ワイン、と同じ具合に。

シカゴのクラフトビールメーカー「グースアイランド(Goose Island)」の「グースIPA」は、とくにハンバーガーとの相性がいい人気の銘柄。創業30周年を迎える同メーカーは、日本でもそのペアリングのよさを広めようと、この度日本の実力派バーガーショップ4店とコラボレーション。4店それぞれが「グースIPA」のためのスペシャルメニューを開発しました。編集部ではひと足先に試食会に参加したのですが、いつも以上に「グースIPA」がサラサラ飲める! それでは早速、その4店を紹介します。

1店目は、グルメバーガーの代表格として有名な東京・恵比寿の「バーガーマニア(Burger Mania)」。定番メニューであるチーズバーガーの上に、「グースIPA」で作ったオリジナルのキャンディーベーコンを載せた一品です。パティの塩気と濃厚なチーズ、ほろ苦いビアキャンディベーコンの甘味が、「グースIPA」と相性抜群。

東京・両国に拠点を構える「シェイクツリー(shake tree)」では、肉厚なパティにブルーチーズソースとハチミツを絡め、柚子で香りづけ。「グースIPA」が持つホップの香りと苦味が、強烈な風味のブルーチーズ、柚子の香りとマリアージュしています。三者が織り成すハーモニーをぜひ。

3店目は、ホームメイドを追求する「バー&レストラン ストーブス(Bar & Restaurant Stoves)」。料理のメインとなるIPAチキンは、「グースIPA」、醤油、たまごで3日間マリネし、コーンフレークの衣を付けカラッと揚げられています。フレッシュサルサソースも添えられ、非常に食べやすく仕上がっています。

最後は、大阪にある黒毛和牛にこだわったバーガーショップ「バーガーズ&ベジタブル デリ(Burgers & Vegetables Deli)」。100%黒毛和牛を使用した贅沢なパティと、自家製柚子胡椒の相性が抜群です。ピリッとした味付けにビールも進むことでしょう。

「ビールとハンバーガーのペアリングって…」と斜に構えている人も、実際に食べてみれば、そのペアリングのよさに驚くはず。期間は11月5日(木)〜30日(金)。フーディーたちは、この機会をお見逃しなく!

Text_Keisuke Kimura


GOOSE ISLAND
www.gooseisland.jp

Burger Mania
住所:東京都渋谷区恵比寿4-9-5 マンションニュー恵比寿1F
電話:03-6277-4221
www.burger-mania.com

shake tree
住所:東京都墨田区亀沢3丁目13-6 岩崎ビル
電話:03-6658-8771
www.shaketree2011.com

Bar & Restaurant Stoves
住所:神奈川県横浜市西区南幸2-1-3 サイトウビル1F
電話:045-312-2278
www.stovesyokohama.com

BURGERS & VEGETABLES DELI
住所:大阪府大阪市中央区西心斎橋2-17-8 レバンガ 心斎橋ビル1F
電話:050-5594-0426
www.burgers-osaka.jp

Source: HOUYHNHNM(フイナム)
アメリカでは常識!? グルメバーガーとクラフトビールのペアリングを日本でも。