セゾンは実体よりもイメージの方が過剰だった (『セゾン 堤清二が見た未来』外伝)

1970年代から1980年代にかけて、日本を代表する企業集団に成長したセゾングループ。躍進の背景には、日本社会の構造的な変化があった。1991年に出版されたセゾングループ社史の企画に参加した社会学者の上野千鶴子氏は「実体よりもイメージの方が過剰」と分析した。どういうことか、話を聞いた。
Source: 日経ビジネスオンライン最新記事
セゾンは実体よりもイメージの方が過剰だった (『セゾン 堤清二が見た未来』外伝)