US版の副編集長は、そこにティッピングポイントを感じた:アフター『WIRED』の25年(3)2003-2008

予言は現実となった。革命がすべてを制圧したのだ。
テクノロジーが社会のすべてを飲み込んだ時代の葛藤を、US版副編集長が描く。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp
US版の副編集長は、そこにティッピングポイントを感じた:アフター『WIRED』の25年(3)2003-2008