農⽔次官OBが語るガラガラポンの未来 (ニッポン農業生き残りのヒント)

平成の農政の重要なできごとをふり返りながら、次の課題を考える企画の第2弾。今回は1998年から約2年半、農水次官を務めた高木勇樹氏のインタビューをお届けする。ガット・ウルグアイ・ラウンドの農業合意の前年、農林水産省が発表した新政策を中心になって取りまとめたのが高木氏だ。
Source: 日経ビジネスオンライン最新記事
農⽔次官OBが語るガラガラポンの未来 (ニッポン農業生き残りのヒント)